うつ病と間違えないために|双極性障害の症状や治療法について

医師

躁と鬱とを繰り返す病気

診断

脳内物質の異常

双極性障害は躁病とうつ病が交互にあらわれてくる病気になっています。うつ病の時は気分が落ち込んで何もやる気がなくなってきます。躁病はうつ病の症状とは反対に気持ちが高揚して夜もあまり眠らず疲れも感じずに活動的になります。気が大きくなり不必要なものを買い込んだりギャンブルにのめりこんだり、いつもよりおしゃべりになります。睡眠時間も短くなりとにかくエネルッギシュでいつでも爽快な気分になってしまいます。本人は病気を認識していないことが多くなっていて、かなりの高確率で借金を作ってしまいます。躁病の時は誰でも短期で怒りっぽくなりますので周囲の人と衝突をしやすく、仕事を失ってしまう危険性も高くなっています。躁の度合いが激しいほど失うものも多くなっていきます。本人の将来のためにも急いで病院で治療を行っていかなければなりません。双極性障害には躁の状態が激しい1型と、鬱が中心で躁の状態が軽い2型があります。脳の中の神経伝達物質がかかわってくる病気で、ストレスが引き金になることもありますが、あくまでも引き金であって原因は脳内物質です。精神科で診断をしてもらい薬で感情の波をコントロールしていきます。炭酸リチウムやテグレトールという薬で気分を安定させていきます。これらの薬は再発の防止になりますので長期間服用している人が多くいます。

早期に治療につなげる

双極性障害は多くの場合、躁の状態が重いほど後悔が激しくなり鬱の状態も重くなってしまいます。躁の状態の期間は薬を使わなければ平均数か月続きます。薬を使用していけばその期間を短く、程度も軽くすることができます。鬱の時期には安易に励まさず休養をとれるようにしてあげることが大切です。躁の時期は自宅など刺激が少ない環境での静養が大切になってきます。重症の躁状態の場合は攻撃的になり、怒りっぽくなりますので病院に入院したほうが良い効果を出すことができます。自分を病気だと思っていないと思っている本人を、入院などの治療につなげていくのは、大変に難しいことになりますので、嘱託医や看護師ら産業保健のスタッフ、地域の保健所や精神保健福祉センターに相談することも重要なことになってきます。病院で治療を受けない人もいますが、未治療のままだと生涯に数回もの躁と鬱の状態を経験することになってしまいますので、社会生活や家庭への影響は大きくなってきてしまいます。早期に病院へ行って治療につなげないと取り返しがつかない事態にもなります。双極性障害のために自傷他害の恐れがあるときには、措置入院というものがあり本人の意思に反しても入院をさせることができます。