うつ病と間違えないために|双極性障害の症状や治療法について

医師

初期症状に関する特徴

病院

初期症状がうつ症状の場合

躁症状とうつ症状が交互に現れる精神疾患である双極性障害は早期に適切な治療を受けることが有効である半面、早期の的確な診断が難しいという点に注意を要する疾患です。双極性障害の初期症状として現れる症状がうつ症状となるか躁症状となるかは患者によって異なります。そして初期症状がうつ症状の場合は、うつ病などの他の精神疾患によってうつ症状が生じているケースとの見分けが容易ではないため、迅速に双極性障害であると診断することが難しいという特徴があるのです。その上、うつ病の主要な治療法である抗うつ剤の投与は、双極性障害の患者にとっては症状を悪化させるリスクがありますので、より慎重にならざるを得なくなるのです。従って、うつ症状が発症した時に注意すべき点は、うつの症状が生じたからと言ってうつ病だと決めつけるのではなく、精神疾患の専門の病院を受診して、自身に生じている症状を正確且つ具体的に詳しく伝えることが大切なのです。また、発症者の中心が中高年の女性であるうつ病に対して、双極性障害の発症者は20代前半に多く、男女差はほとんどありません。このような特徴を把握しておきつつ、うつ症状が発症する前の時期に患者自身が気づかない間に躁症状を発症しているケースもありますので、うつ症状の発症前に睡眠不足でも気にならなかったり、自分でも不思議に思うくらい気分が爽快で、エネルギーや自信に溢れているような時期があったかどうかを振り返ることも大切です。

初期症状が躁症状の場合

双極性障害の初期症状が躁症状である場合は、その躁症状が周囲が異常に気付くような明確な躁状態である場合と、周囲が異常に気付くほどではない軽躁状態の場合とによって双極性障害自体が2つに分類され、前者を双極一型障害、後者を双極二型障害と名付けられています。初期症状として躁症状が生じてしまった場合の留意点は、躁症状は本人にとっては異常や辛さを感じるような症状ではないため、日頃から患者との接触頻度の多い、家族などの身近な人が気づかない限り早期に治療を開始することが困難になる点です。双極一型障害の場合は、患者の異変を周囲の人が気づきやすい状況ですので、早期発見が比較的容易です。一方の双極2型障害であった場合には周囲の人には見分けのつかない程度の軽躁状態であるケースが多いので、早期発見のハードルがかなり高いものになるのです。そして、躁症状の発症を理由に精神疾患の専門の病院を受診する際に大切なことが、家族などの身近な人に病院に同行してもらうことです。というのも、精神疾患の専門病院にとって、患者側からの症状に関する説明は疾患名を診断する上での大きな判断材料となります。しかし患者本人に自覚が芽生えにくい躁症状の際には患者からは症状に関する適切な説明をすることが困難です。ですので、患者と身近に接してきた家族などの同行を病院側も望んでいるのです。